サンゴパール

調色の力を借りず、自然の美しさだけでふんわりピンク色の真珠をお客様に届けたい。
そんな松本真珠の強い思いで開発されました。
母貝に抱かれた桃色の珊瑚は、年月を経てその身にオーロラをまとい、
母性を抱く女性のお守りとして暖かく照ります。
(実用新案登録証:登録第3123478号 商標登録証:登録第5063707号)

「金銀珊瑚」と謳われるほど、珊瑚は古来より財宝として珍重されてきました。
宝石言葉は「幸福」。語呂合わせで、結婚35周年(サン・ゴ)の記念や、出産祝い(サンゴ=産後)にも多く贈られます。
真珠同様、生命の営みによって生み出される有機起源の宝石珊瑚は、周囲の変化に敏感に反応する性質があります。
異変を察知し身の危険を持主に知らせると信じられ、古来より厄除けとして人々から重宝されてきました。
戦国時代には武士が戦のお守りとして身に着けていたそうです。
そんな不思議な力を持つ宝石が、サンゴパールの核になっているのです。

見る者を吸い込むやわらかなこの照りは、人工的な調色では到底出すことはできません。
松本真珠のサンゴパールの核を成すのは、厳選された天然サンゴ。
海底深くから採られるこの貴重な珊瑚は、菊地珊瑚加工所で匠の技によって真珠核へと変身。
その核を松本真珠の母貝が包み込んで育むのが、当社自慢のサンゴパールです。